読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1236804
0
生き方を考えながら英語を学ぶ
2
0
0
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
依頼心を独立心に変える

『生き方を考えながら英語を学ぶ』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

教育ママは子供に生きがいを見つける


 教育ママが始末に悪いのは,まず彼女たちが暇であることだろう。暇なうえに自分で何かを努力してやろうという勤勉さがない。また暇があるが自ら何かをやるという勇気がない。ちょうど海外旅行をするのにも一人では行けないが,皆で行って,帰って来ては,私はロンドンでどうした,パリでどうしたと言いたがるようなものである。また例によって劣等感も強い。つまり劣等感を持ち,暇で怠け者で,勇気がないとなれば,やることは自分の子供を有名大学に入れようとするくらいだろう。

 勉強するのは自分ではなく,子供であり,子供によって生きがいを見つけようとする。こんな手っとりばやい生きがいは他のもので得られることは到底できまい。となれば,これはだれがどう騒ごうが,ちょっとやそっとで教育ママを,まともにすることはできまい。

 *Nobody can restrain the so-called “education-mother” from driving(あるいはpushing)their children to first class universities.

 この世の中で怠け者で勇気がなくて,それでいて戦いに参加している気分になれてまた自慢話ができるなどというものは教育ママのほかに決してない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2946文字/本文:3500文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次