読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1236813
0
生き方を考えながら英語を学ぶ
2
0
0
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
病的虚言症

『生き方を考えながら英語を学ぶ』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

異常なほど他人の尊敬を求める人間のタイプ


 世の中には病的虚言症というような人がいるらしい。おそらく「ウソをつく心理」の項にでてきた私の知人などはそうであろう。

 彼は異常なほど他人からの尊敬を求めていたようである。とにかく他人から尊敬され,感謝され,頼みにされたいと願っていた。

 よく「皆は俺のことを神様だと思っている」と言っていたが,そう思ってもらいたいという願望なのだろう。

 彼のおじさんが失業したとき,「俺がめんどうみてやる」というので,そのおじさんが彼のところにいくとぜんぜん就職の話は現実化せず,あいもかわらず何々会社の社長と俺は友人だとか何々大臣も俺には頭があがらないとか,口から出まかせのウソをついていた。そしてその場をとりつくろう。

 長く付き合った人は皆,彼のことを信用しないが,あまり威勢のいい話をするのでその場,その場の新しい人は彼を信用する。

 彼はたえずキョロキョロとして何かに追いかけられているようで,一緒にいる人まで何か落ち着かない気持ちにさせられてしまう。すべてがウソで固められた生活なので,何か見つかりはしないか,見やぶられやしないかという不安で,一時としてじっとしていられないのだろう。ウソがバレやしないかと思うから,とにかく言うことに言い訳が多い。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2821文字/本文:3361文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次