読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1236877
0
一生モノのモテ理論 理想の女性を射止めるテッパン法則 31のルールとタブー
2
0
2
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 寒い男を阻止する(客観視パート2)

『一生モノのモテ理論 理想の女性を射止めるテッパン法則 31のルールとタブー』
[著]檀れみ [発行]CLAP


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 モテる男になるために、こーする、あーする、説いていくわけですが、ここでひとまず確認しておくべきことがあります。

 それは、男の“ゆとり”についての認識の違いってやつね。

 他のモテ本によくあるように、「内から(にじ)み出てくるものなので内面を磨け」などとは言いません。そもそも、滲み出すほど、ゆとりないし!

 よって、とりあえずは見せかけで構わないのですが、まず、その見せ方がほとんど間違っていたりするのです。

 前もって言っておくのには、わけがあります。見せ方が間違っているというのは、そもそもの考え方自体がズレているという可能性が高いのです。

 たとえば、待ち合わせで、ある店を指定されたとしましょう。

 入り口の前に着いたあなたは扉を開けようとします。ところが、押しても引いてもビクともせず、いつのまにか、額に汗を浮かばせながら、全身で押し開こうとする。なんで、開かないのかと、泣きたくなる。その背後で、「それ、スライド式なんだけど!」と道行く人に思われているようなものなのです。

 ハッキリ言って、ここをクリアしておかなければ、スタート地点にさえ立てないと思ってくれて構いません。

 「ナニそれ」と思っても、「アホか」とボヤいても、海外旅行の時に入国審査を必ずや受けなければならないように、反論の余地は、アリマセン。

 初対面の相手が、「アナタのそのゆとり、寒いから!」と突っ込んでくれるとは、到底思えないからであります。

 けれど、入国審査というものは、「サイトシーン! サイトシーン!」と前のめりで言えば、大概、なんということもなくスルーしてしまえるものでありましょう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:5571文字/本文:6254文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次