読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1236911
0
紳士のルールズ モテる男の口説きのポイント73
2
0
3
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに 女の「なんとなく」がモテと非モテを分ける

『紳士のルールズ モテる男の口説きのポイント73』
[著]檀れみ [発行]CLAP


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
3
| |
文字サイズ

夜の銀座で口説かれ続けた元祖売れっ娘ホステスが、「いい人」と「いい男」を分かつちょっとしたモテ・ルールを伝授。
男なら読んどけ!

 この本を書こうと思ったきっかけは、銀座のクラブを訪れるお客サマ達の生のぼやきでした。

 「俺さぁ、銀座のクラブにお金も時間もすんごい費やしているのに、どうしてモテないのか不思議なんだよね。いつもイイ人止まりなの。思い返せば学生時代からそうなんだよ。俺のどこが原因でそうなっちゃうの?」

 ある夜、同伴の食事の席で、私はお客サマに直球を投げられて返事に困ってしまった。

 どうして? って一緒に悩んでしまった私。

 その一方で、何だかやたらとモテるお客サマというのは実際いるわけです。

 お金や時間をかけているからではなく、ね。

 男性は女性に対して、顔やスタイルの良さを求めたり、料理がうまいかなど、選ぶポイントが結構はっきりしている。モチロンそうでない男性もいますが、女って、そうじゃなかったりするんだなぁ。何となく、イイ! よく分かんないけど、かなり好きっ! みたいな感じが多いように思う。

 それが裏目に出ると「何となくモテないよぉ~」という男性が出来上がってしまうのかも知れない。

 ホステスをしていると、1日に50人くらいの男性と接することになりますが、目の前に座った瞬間にその男性のことが何となく分かってしまったり……いや、つい観察してしまうんだなぁ。コレ、職業病ではありません。誰かと出会った時、人間は誰でも相手に対して何らかの感情を抱くものなのですから。

 で、分かった。

 じつはこの“何となく”っていうのがクセモノなの。モテることにおいて、明暗を分ける秘密はココに隠されていると言える。ただのイイ人とイイ男って、ほんの些細なことが分かれ道だったりするのです。

 女性に“ステキ”と思わせる男性って、ちょっとしたモテ・ルールを知っているんだよね。そこでコロッと恋に落ちちゃったりして。

 恋にトキメキは必要不可欠。「何となく~、よく分かんないけど~」は、たまたま偶然にということではないのです。ちゃんとトキメくポイントが押さえられていた。

 そのモテ・ポイントを、ファーストインプレッションからハッピーエンドorジ・エンドまでの経過にそって、女性の視点で分析してみました。

 この本によって、世の中に沢山のモテ男が出現することを、私は心から願っております。だって、そんなモテ男達に心をトキメかせることによって、女性は美しく、可愛く生まれ変わっていくのですから。男と女の幸せのために、紳士諸君、是非ともよろしくお願いしますっ。

(だん) れみ

文中の敬称は省略させていただきました。
ご了承ください。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
3
残り:0文字/本文:1106文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次