読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1240544
0
「ありがとう」で奇跡が起こる! すべてがよくなる魔法の言葉
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
幸運なまえがき

『「ありがとう」で奇跡が起こる! すべてがよくなる魔法の言葉』
[著]佳川奈未 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「ありがとう」と口にするほど、奇跡が起こる!
〜この人生では“感謝したもの”がもっとあなたに与えられる


「ありがとう」という魔法の言葉を口にし、感謝の思いを持って生きるようになると、みちがえるほど人生が好転します。

 そのことを私は“まだ何も持っていなかった状態”から自分が成功に向かう道の中で体験し、実感しました。

 そのことの(とうと)さを、自分の子どもや仲間にも伝えたいと思いましたし、伝えたいからこそ、まずは(みずか)らが率先して「ありがとうございます」という言葉を惜しみなく口にしたり、感謝の思いを素直に表現するようにしていこうと、日々の生活の中でそのようにしています。


 もちろんそれは、いい人になるためでも、偉いと言われたいからでもありません。また、誰かに感謝を強要するためでもありません。


 ただ、「ありがとう」を実践していると自分自身が気持ちいいし、平和になれるし、幸せになれるから、好きでやっているだけなのです。


 好きでやっているだけなのに、勝手に運気がどんどん良くなっていくので、おもしろいし、感動的なのです!


 実際、自分がやってみるとわかりますが、「ありがとう」と口にし、感謝すると、自然に“謙虚な気持ち”になれ、すべての人や物や出来事や時間に、“敬意”や“尊厳”を感じずにはいられない感覚になります。


 そのとき、思いやり深い人でいられ、優しくいられ、感じ良くふるまえ、満ち足りた気分でいられるものです。

 自分自身とうまく調和でき、同時に、かかわる人や物や出来事や時間とも調和でき、そのおかげでたいがいのことが、かんたんにうまく運ぶようになるのです。


 逆に、「ありがとう」の言葉を欠いたり、感謝の気持ちをなくすと、愚痴(ぐち)や不平不満を言いがちなもので、ちょっといじわるになったり、相手や何かを責めたりしがちになるものです。

 そういう状態でいると、自分とも他者とも調和することはむずかしく、そこにある関係や出来事をうまくいかせるのもむずかしいものです。


 自分の心の中に、“感謝というものがあるか、ないか”という、たったそれだけのことなのに、人の運命は大きく変わっていくのです。


          ☆


 さて、「ありがとう」という言葉を口にし、感謝の波動(はどう)を放つと、もちろんそれは人にも届きますが、同時に自分自身にも宇宙にも届きます。

 音として耳にも入ってくるけれど、細胞にも響き、宇宙空間にも届くのです。すると、つながっているすべてのものに良い影響を及ぼし、幸せな連鎖を引き起こしていくのです。


 私はまだ何も持っていなかった頃、どうすれば自分がもっと成長し、より成功し、繁栄し、幸せになれるのか、まったくわかりませんでした。

 わからなかったので、とにかく、自分にかかわるすべての人たちや、時間や、出来事や、そこにある流れに、感謝するようにしていたのです。そうしたら、いつの間にか、望むすべてを手にでき、思いもよらぬ幸運が自分のまわりにあふれだしていたのです。


 そこには、「ありがとう」という感謝を介して現れた、素晴(すば)らしい人たちとの出逢いや、うれしい出来事や、目に見えない力の不思議な働きがあり、自分が生かされていることへの大きなよろこびがありました。


 感謝は、宇宙につながる高次元エネルギーだからこそ、たった一言、「ありがとう」と口にするだけで、宇宙と同調でき、共鳴したあらゆる領域から、幸せな「いいこと」がどんどんあふれだすのです。


 いつでも、あなたが「ありがとう」と感謝すれば感謝するほど、あなたが感謝するそれは、さらにあなたに与えられるようになっているものです。



 二〇一三年五月  「ありがとう」で奇跡が起こる!
ミラクルハッピー 佳川 奈未 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1540文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次