読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1240863
0
昭和裏芸能史
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
小林幸子に幸あれ

『昭和裏芸能史』
[著]なべおさみ [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「誕生日のプレゼントをあげよう! 何が良いか言いなさいよ! 何んでも()うたるよ!」


 言ってるのは座長だった。


 聞いてるのは出演者の一人の少女だった。


 少女と言っても小さくも、幼くもなく立派な乙女だった。歌手として九歳でデビューしていて、天才少女とか美空ひばり二世といった呼び声が高かったが、別段ヒットもせず、そのままずるずると年を重ねていた時でした。


 歌が本当に上手く、ひばりさんの物真似なんかさせたら天下一品でした。


 後で私は知るのですが、この噂がひばりさんのママの耳に入り、ママが注目していたところ聴くチャンスが訪れたのだそうです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1972文字/本文:2243文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次