読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1240914
0
プロ野球「悪党」読本 「組織の論理」に翻弄された男たちの物語
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
東尾 修──数々の乱闘を巻き起こした強気の内角攻め

『プロ野球「悪党」読本 「組織の論理」に翻弄された男たちの物語』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

ひがしお・おさむ──西鉄・太平洋クラブ・クラウンライター・西武。箕島時代はエースとして甲子園に導きベスト4に進出。1968年(昭和43年)にドラフト1位で西鉄(現西武)に入団。低迷するチームが身売りしていくなかでエースであり続け、やがて西武の黄金時代を支える。内角攻めの投球がしばしば乱闘を招いた。



 法政大に田淵幸一と山本浩司(現浩二)、明治大に星野仙一、近畿大に有藤(みち)()らがいて大豊作といわれた1968年(昭和43年)のドラフト会議。当時はくじによる指名順ドラフトだったが、12番目のくじを引いた西鉄は箕島の東尾修を指名した。もともとプロ志望だった東尾はすんなりプロ入りしたが、チームは低迷期だった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2363文字/本文:2671文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次