読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1240941
0
プロ野球「悪党」読本 「組織の論理」に翻弄された男たちの物語
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
森 祇晶──「強いけどおもしろくない野球」を貫徹

『プロ野球「悪党」読本 「組織の論理」に翻弄された男たちの物語』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

もり・まさあき──西武監督→横浜監督。岐阜高で1954年(昭和29年)夏に甲子園出場を果たし、同年に巨人に入団。61年から8年連続ベストナイン。引退後は解説者を経てヤクルト、西武でコーチ。86年から広岡達朗のあとを受けて西武の監督に就任し、黄金時代を築いた。



 プロ野球の歴史のなかで(さん)(ぜん)と輝くのが昭和40年代の巨人のV9である。これは巨人ファンであろうがなかろうが、誰もが認めざるをえない事実なのだ。そして、その時代の巨人の選手がその後、球界の中枢となって監督になっているのだから、いわば彼らが現在のプロ野球をつくりあげたといっても過言ではないだろう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2138文字/本文:2422文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次