読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1240956
0
プロ野球「悪党」読本 「組織の論理」に翻弄された男たちの物語
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
鈴木龍二──正力との縁で活躍した「球界の大岡越前」

『プロ野球「悪党」読本 「組織の論理」に翻弄された男たちの物語』
[著]手束仁 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

すずき・りゅうじ──セ・リーグ会長。職業野球創成期に大東京軍(DeNAの前身のひとつ)の代表として日本職業野球連盟の結成に参画。以来、日本野球連盟会長、セ・リーグ第3代会長を1952年(昭和27年)から32年間務めて、その間に勲三等瑞宝章などを受章した。



 日本のプロ野球は創成期からメディアと強いかかわりを持っていた。というより、正確にいえば、「かかわりを持っていた」程度のものではなく、メディアが野球社会をつくり、メディアが野球を育ててきたといっても過言ではないのだ。


 昭和初期、まだテレビが世の中に存在していない時代にラジオとともに最大のメディアといっても過言ではなかった存在の新聞社が、広く多くの人に社会の動きを伝えていた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2247文字/本文:2562文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次