読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1241074
0
「ねばり」と「もろさ」の心理学 逆境に強い人、弱い人
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ガンを“病気”と思う人、“死刑”と思う人

『「ねばり」と「もろさ」の心理学 逆境に強い人、弱い人』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 セリグマンによると子供は自分の能力で不満を解決すると自分の能力を信じられるようになるという。自分にも出来るという自信が湧いてくる。セリグマンは次の様に書いている。

 When the child, by his own actions, copes with anxiety and frustration, his sence of effectiveness increases. P.147

 困難に際して人に解決してもらうといつになっても自分に自信が出来ない。よく親は子供かわいさのあまり子供に代わって困難を解決してあげてしまう。しかしこれは子供のためにはよくないようである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1283文字/本文:1574文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次