読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1241087
0
「ねばり」と「もろさ」の心理学 逆境に強い人、弱い人
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
意欲の最大の敵は“絶望感”である

『「ねばり」と「もろさ」の心理学 逆境に強い人、弱い人』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 貧困妄想という言葉がある。[躁うつ病者の妄想的ディスクール](宮本忠雄『躁うつ病の精神病理』二巻、弘文堂)にその平均的な症例として載っているものを見てみると次のようなものである。

 患者は三十九歳で広い農地を持つ長男。父親が交通事故で入院すると[おやじがいなければやっていけない]と三十九歳で言う。そして夜も眠れなくなる。三十九歳ならこの環境でも普通はもう自分が中心になってもいい時期であろう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1258文字/本文:1455文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次