読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1241091
0
「ねばり」と「もろさ」の心理学 逆境に強い人、弱い人
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
人は心が病むと選択の幅が狭くなる

『「ねばり」と「もろさ」の心理学 逆境に強い人、弱い人』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 人は大人になればいつも解決しなければならないいくつかの課題を抱えている。しかし同じ課題を抱えていても人によって感じる困難や辛さや苦しさは違う。同じ課題を抱えながらある人は結構楽しく毎日を送っているし、他の人は悲壮感を味わっている。

 その違いはどこから来るのであろうか。解決しなければならない課題を抱えながら結構毎日楽しく生活している人は、その課題を解決することに失敗した時のことをそれほど恐れてはいない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:920文字/本文:1123文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次