読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1241124
0
「ねばり」と「もろさ」の心理学 逆境に強い人、弱い人
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
厳しい家庭では[楽しむ能力]は芽生えない

『「ねばり」と「もろさ」の心理学 逆境に強い人、弱い人』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 その原因として考えられるのはやはり小さい頃余りにも抑圧が強すぎたということである。感じるように感じることを固く固く禁じられたということである。小さい頃家庭の中で、その時その時でどの様に感じるべきかということを余りにも厳しく要求された。その感じ方以外の感じ方をすることは火あぶりになるような恐怖があった。

 例えばどんなに辛くても辛いと感じることを禁じられて育った人がいるとする。[こんなことで辛いのか、いくじなし!]と怒られる。私自身小さい頃辛くてしかたなかったことがよくあった。いや小さい頃辛いことばかりで楽しいことなど何もなかった。

 私は小さい頃つい辛くて辛い顔をすると、父親に[いくじなし!]と物凄い顔でにらみつけられた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1965文字/本文:2279文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次