読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1241534
0
イギリスはかしこい
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
美は創造性に結びつく

『イギリスはかしこい』
[著]出口保夫 [著] 林望 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

出口保夫


 日本の戦後は、ほとんど廃墟と無からスタートした。だからどうしても経済中心に社会が動いていくのは避けられないこと必然だったろう。最初から生活のゆとりだとか、古い伝統的な価値観にこだわっていたら、とても戦後の日本の発展、繁栄はありえなかったと思う。

 日本は現在、GDPで世界屈指となり、経済力では一番だと言われるまでになった。

 一部の人はこの繁栄をこのままずっと維持する、あるいは今以上にと言う。九パーセント、一〇パーセントの経済成長は無理でも、二〜三パーセントの成長がないと日本という国はやっていけないと考えていたりする。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1489文字/本文:1754文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次