読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1242906
0
あの偉人たちを育てた子供時代の習慣
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「心の習慣」は幼いころにつくられる──トクヴィル、湯川秀樹

『あの偉人たちを育てた子供時代の習慣』
[著]木原武一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 習慣には二種類ある。体の習慣と心の習慣である。子供をできるだけ外で遊ばせ、また、子供に家事を分担させた福沢諭吉流の子育ては、体の習慣に重きを置いている。娘に家事一般を教えた幸田露伴も同様である。このように多くの場合、習慣はまず体の習慣としてはじまる。習慣を「体得」する、体で覚えるのである。それでこそ「雀百まで踊り忘れず」となる。


 しかし、体にはつねに心の働きが付き添っている。たとえば、親に言いつけられて、子供が窓ガラスを拭く。窓ガラスを拭くのは体の働きであるが、そこには、気が向かずにいやいやするのか、それとも、その仕事じたいを楽しんでするのかという、心の働きが伴う。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1928文字/本文:2215文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次