読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1242907
0
あの偉人たちを育てた子供時代の習慣
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
子供のころの遊びが職業になる──ホイジンガ、ナポレオン、チャーチル

『あの偉人たちを育てた子供時代の習慣』
[著]木原武一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

雀百まで踊り忘れず」という諺には、もうひとつの意味もある。子供のころの踊り=遊びがその人のライフワークになるという例である。たとえば、鉄道少年が鉄道会社に入社して、運転手や車掌などになったという話はよく聞く。幼いころの興味や関心も、その人の人生を左右する大きな要因である。


 誰でも自分がいちばん熱中できること、時のたつのも忘れて没頭できることをしたいと思っている。その気持は子供のときも、大人になっても変わらない。そういうことを生涯の仕事にすることができれば、それに越したことはない。誰もがいちばん熱中できること、それは、遊びである。遊びのなかで私たちは、集中力という大切な能力を知らず知らずのうちに体得する。遊びでいちばんの禁物は遊び半分の態度である。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2510文字/本文:2838文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次