読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1242920
0
あの偉人たちを育てた子供時代の習慣
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
理屈に合わないものはすべて疑ってかかる──福沢諭吉

『あの偉人たちを育てた子供時代の習慣』
[著]木原武一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

数と埋をもとにしてすべてを割り出す」──これが、幕末から明治のはじめ、西洋の文明を日本に紹介した最大の功労者のひとり、福沢諭吉のモットーだった。彼は、西欧文明を合理的なもの(理屈に合うもの)、明治以前の日本を不合理なもの(理屈では説明できないもの)と見なしていた。彼がいかに西欧の文明を信頼していたかを語るこんなエピソードがある。


 江戸幕府の使節団に加わって、(かん)(りん)(まる)でアメリカに向かったときのことである。三十七日間の航海中、毎日のように嵐がつづき、船はいまにも沈没しそうに揺れた。恐怖におののく人たちを尻目に、彼は悠然としていた。『福翁自伝』には、「西洋を信ずるの念が骨に徹していたものとみえて、ちょいとも怖いと思ったことがない」と記されている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2212文字/本文:2548文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次