読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1242932
0
あの偉人たちを育てた子供時代の習慣
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
死ぬまで夢中にさせた動くものとの出会い──本田宗一郎

『あの偉人たちを育てた子供時代の習慣』
[著]木原武一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 本田技研の創業者、本田宗一郎が幼いころから死ぬまで、生涯を通して夢中になっていたもの、それは、動くもの、動く機械だった。


 最初に夢中になった動く機械は、「焼き玉エンジン」と呼ばれる発動機だった。家から二キロほどはなれたところに精米所があって、発動機が「バン、バン」という大きな爆発音ともうもうたる排気ガスを出しながら、精米機を動かしていた。はじめて祖父に連れられて見に行ったのは、二、三歳のころで、それ以来、毎日のように連れて行ってもらった。


 いったい何が子供の心をとりこにしたのだろうか。彼は当時を回想して、「なんといってもたまらないのは“匂い”だった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2011文字/本文:2290文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次