読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1242933
0
あの偉人たちを育てた子供時代の習慣
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
チンチン電車から電気の時代を予感──松下幸之助

『あの偉人たちを育てた子供時代の習慣』
[著]木原武一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 松下電器の創業者で、日本における家電製品の普及に貢献した、松下幸之助(一八九四─一九八九)が、電気の世界にすすむきっかけとなったのは、街ではじめて目にしたチンチン電車だった。彼が電気と出合うことになる背景には、一家の不運があった。


 松下家は、和歌山県で二百年前からつづいていた旧家で、裕福な暮らしをしていた。ところが、幸之助の父親が米相場に手を出して失敗し、抵当にいれてあった先祖伝来の土地や家をほとんどすべて失ってしまった。幸之助がまだ四歳のときのことである。父親は商売をはじめたり、勤めに出たりしたが、以前のような余裕のある生活を取り戻すことはできなかった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1851文字/本文:2133文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次