読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1242948
0
あの偉人たちを育てた子供時代の習慣
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
具体的で日常の行動に即した言葉で伝える──福沢諭吉

『あの偉人たちを育てた子供時代の習慣』
[著]木原武一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

家庭は習慣の学校である」という福沢諭吉の言葉を前に紹介したが、福沢諭吉はすべてにおいて言行一致をこころがけ、子育てにおいてもこの言葉を実践した。子供たちに家事を分担させたことなどはすでに触れたが、道徳教育についても怠ることがなかった。その記録として「ひゞのをしへ」という文集が伝えられている。


 福沢諭吉は、明治四年の十月、当時八歳の一太郎、六歳の捨次郎を、毎朝、朝食後、書斎に呼んで、その日その日の教えを帳面に書いて渡した。それが「ひゞのをしへ」である。字を覚えはじめたばかりの子供のために、平仮名を多用して記され、内容も平易であるが、そこには、自分はこういうように子供を育てたい、自分の子供はこうあってほしいという親の気持が如実に表現されている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2126文字/本文:2451文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次