読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1243168
0
生きていてもいいかしら日記
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
開け、頭の蓋

『生きていてもいいかしら日記』
[著]北大路公子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 母の高額療養費をアレしてコレするために、妹と二人、社会保険事務所へ出かけた。エプロン姿の窓口の人が、丁寧かつ熱心に説明してくれた。制度変更を(また)いだため新旧二種類の手続きが必要になり、さらには転院もあって、「少しわかりづらいかもしれません」と病院側からも言われていたのだが、全然そんなことはなかった。「少し」じゃなくて、まったくわからなかった。お姉さんの解説トークを聞き始めて三十秒で、頭の(ふた)が鈍い音をたてて閉まっていくのはわかった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:981文字/本文:1206文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次