読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1244687
0
パーソナルな神話 前世回帰の現場から
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自分の中の神と出会う

『パーソナルな神話 前世回帰の現場から』
[著]松本東洋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:25分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

〔自分自身への質問状〕



 その日、堂本智子さんがやって来た。ハル氏の年下の友人で、今27歳。気鋭のエッセイストなのだが、この1年半ほど仕事らしい仕事をしていない。「書く」ことよりもっと楽しいことを見つけたのだろうと、ハル氏は勝手に楽観していたのだが、いささか様子がちがい晴れない顔で現れた。

どうしました?」

なんの情熱も湧かなくて……」

それは困ったことですね。ところで、なぜ、私の所へ?」

セラピストのAさんに相談したら『ハル氏がヒプノ・セラピーをしているから、そこへ行くといい』と言われて」

言われてみれば、A氏にも「ヒプノって、面白いよ」と言った。しかし、なぜ、彼は堂本さんに私を紹介したのだろう。それに、私のやっていることはヒプノ・セラピーというものなのだろうか)ハル氏が、もたもた考えている内に、

自分のことは、うまく話せそうもないので、これを書いてきました」


 と、堂本さんは一枚の原稿用紙を差し出した。それには、


Q 本来の「私」は、どういう意識体か? ☆(Qはクエスチョンの略であるようだ)

Q それ(つまり、私という意識体)が「人」として生まれてきた目的は何か? ☆

Q 母と私のカルマについて── ☆

母に対する罪悪感は、どこから来るのか?

母に自分の気持ちを、うまく表現できないのは、なぜか?

母と一緒にいると、私が受け身になってしまうのは、なぜか?

Q 自己実現のために、私は何をしたらよいのか?

Q 今の私に欠けているものは?

Q 今の私の間違っているところは?

Q 今の私の障害となっている過去生の解消。☆

Q 今生でのパートナーとなる相手は?

Q 周囲の人達とのかかわり方を、もっと自然なものにするにはどうすればよいか?


 私のリクエスト──今の自分の中に、まだ僅かでもバイタリティが眠っているなら、それを発揮して、今のような保守的で消極的な生き方から、自分を信頼し、積極的で生き生きとした自分に戻りたい。



 と、しっかりした字で書かれてあった。


 ☆印は、読みながら興味を引かれた箇所にハル氏が付けた印である。


 とりあえずハル氏は、堂本さんに質問する。

あなたは、『本来の自分』は人間ではない意識体で、それが何かの目的を持って人間となって生まれてきている──そう考えているのですか」

よく判らないけど、そんな気がして……」

あなたは、自分と母親の間に何らかのカルマがある、と感じているのですか」

よく判らないけど、そんな気がして……」

あなたは、今の自分の人生に障害となる過去生がある、と感じているのですか」

よく判らないけど、そんな気がして……」


 まことに正確な返答だ、とハル氏は思う。こんなことを「よく判っている人」がいたら、そちらのほうがフシギな人だ。


 堂本さんは、きっぱり言い放った。

とにかく私を元気にしてください」(やれやれ……)


 こういう事態を、乗りかかった船と言うのか、成り行きまかせと言うのか、ハル氏にはそれすら判らないが、セッションを始めることにした。トランスに導く……。


・幼かった日の楽しい場面へ、あなたの意識を戻してください……あなたは、今どこにいますか。(以下本書を通じて・印はハル氏の発言)

─森の中にいる。(以下本書を通じて─印はクライアントの発言)

・季節はいつですか。

─夏。セミ取りにきている。私は5歳、兄と一緒。楽しい。兄も楽しそう。

・良かった!(ハル氏は、彼女がスンナリ催眠に入ってくれたことを、良かった! と思った)


・次は、〔現在のあなたに重要な影響を与えている場面〕を呼び出してください……今度は、どこにいますか。

─薄暗い所に独りきりでいて不安。誰もいない。ここは私の家じゃない。不安……不安。ここがどこか判らない。

・大丈夫ですよ。それはずっと昔のことです。今、あなたは過去を思い出しているだけです。それに、今のあなたは「その時なぜ、そこに一人でいることになったのか」判ります。今のあなたは、なんでも判ってしまうのです。はい、どうぞ。思い出してみましょう。

─ここはお婆ちゃんの家。みんなでどこかに出掛けようとしている。どこに行くのかは判らない。

・今も、不安を感じていますか。

─なんだか心配。

・どうして心配なの? なにが心配?

─……判らない。(無理はしないで、別の場面を調べることにする)

・では、別の場面に行きましょう。やはり現在のあなたに大きな影響を与えている、今とは別の場面にあなたの意識を移行させてください。

─海岸にいる。お母さんがいる。兄もいる。お父さんは見えない。大きな波が来て、私は波に呑まれたんだけど、お母さんは助けてくれなかった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:10420文字/本文:12311文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次