読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1245935
0
金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
プロローグ あるゾウの村の物語

『金持ちゾウさん、貧乏ゾウさん』
[著]本田健 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 このお話は、ゾウたちが住む国のカネー村で実際に起こった話です。

 カネー村は、昔、炭鉱(たんこう)の村としてにぎわいましたが、今ではすっかりさびれてしまい、ゾウたちは単調な毎日を送っていました。

 ところが、あるもうけ話がきっかけで、カネー村に再びゴールドラッシュがやってきたのです。


この本に登場するゾウたち

ナイーゾ
パン屋の3代目。パン屋なのにパンが苦手。父親からパン屋を継いだが、仕事に誇りをもてない。頼りないが、家族思いのやさしい性格。なぜかまわりをホッとさせる明るさが取り()。美しい妻と賢い11歳の息子を持ち、つつましいけれど幸せな日々を送っている。

ヤルーゾ
中学を卒業してすぐにクリーニング屋に丁稚奉公(でつちぼうこう)し、後に独立する。明るい性格で友だちがたくさんいる。商才があり、話上手。今ではクリーニング屋を7店舗経営している実業家。右肩上がりの成長を常に追い求めている。「でかいことをやりたい」が口ぐせ。苦労話と自慢話が大好き。

ヘルーゾ
本が好きで小説家志望。大学卒業後は町で働いていたが、やることなすことすべてが裏目に出て、リストラされてカネー村にもどってきた。暗い性格で友だちは少ない。(おさな)なじみのナイーゾと仲がよい。

トルーゾ
中学時代は生徒会副会長をやっていた。有能で、仕事ができる。海外留学も経験し、すべてが洗練されている青年実業家。投資家が一番えらい仕事だと信じていて、普通の仕事をする友だちを見下している。「ヘッジホント」というもうけ話で大金を集める。

アルーゾ
カネー村に住む伝説の大富豪。炭鉱夫から身を起こし、炭鉱会社のオーナーとなる。町の鉄道、デパート、銀行などを多数所有。温厚な性格で子どもが大好き。趣味で子ゾウ相手に「お金の授業」をひらいている。

エンゾー
ナイーゾとイレーヌのひとり息子。サッカーが大好き。両親思いの賢い少年。アルーゾのお金の授業に通っている。推理小説とお菓子に目がない。

イレーヌ
ナイーゾの妻。とても美しく、しっかり者。なぜナイーゾと結婚したかは謎。普段はやさしいが、稼ぎが少なく態度がはっきりしない夫に対しては、やや批判的。



 あるところに、ゾウたちの住む国がありました。

 その国に、カネー村という小さな村がありました。その村では、みんな仲よく、自分たちの大好きなことをやって暮らしていました。

 その小さな村の丘の上に、大きなお屋敷がありました。

 大きなお屋敷の居間には、大きな暖炉とソファーがあり、ふかふかのソファーには大きな体の父さんゾウと、小さな子どものゾウが腰かけていました。

 子どものゾウは父さんゾウの顔を見ながら、耳をパタパタさせて言いました。
「パパは、ぼくぐらいのとき、なにをしていたの?」
「そうだなぁ……、サッカーが大好きで、毎日、外を走り回っていたよ。将来は、サッカー選手になりたいと思っていたんだ。でも、あるとき、とんでもない事件が起きて、生活がガラッと変わってしまった」
「とんでもないことって、なに?」
「とにかく、すごい事件だよ。カネー村のゾウたちの生活は大きく変わってしまった。実は、その事件には、小さいころのパパも大きく関わっていたんだけどね……」
「わあー、すごい。パパ、なにがあったか教えてよ!」

 子どものゾウは、つぶらな瞳をキラキラさせました。
「そうだね。そろそろそういうタイミングかもしれない。じゃあ、パパが小さかったころのお話をしてあげよう」

 父さんゾウは書斎から分厚い革装の本を持ってくると、息子のとなりに腰かけて、ペラリと表紙をめくりました。子どものゾウはしっぽまでパタパタさせて喜びました。
「早く、読んで、読んで!」
「わかったよ。これはね、おまえが大きくなったら読んであげようと思って、パパがとっておいた本さ。さぁ、カネー村の大騒動のはじまり、はじまりー」

 子どものゾウは、パチパチと手をたたきました。

 最初のページを開くと、そこには、パン屋の絵がありました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1627文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次