読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1246054
0
新渡戸稲造の人間道
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第四章 人生の勝敗とはなにをいうのか

『新渡戸稲造の人間道』
[著]岬龍一郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:26分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


世にはびこる者は憎まれる

「憎まれっ子世にはびこる」という(ことわざ)がある。人に憎まれるような人間が、かえって世間では幅をきかせている、という意味である。新渡戸博士はこの意味を「世にはびこる者は憎まれる」と逆説的に解釈する。

 どういうことか。本来、はびこるとは、「草木がひろがり茂る」という意味だが、それから転じて、よくないものの勢いがさかんになる、幅をきかせるなど、悪いほうの意味で使われるようになった。ところが博士は、これをはびこるほうの立場からとらえ、この行為は自分の天命をまっとうしようとしているのだから、天から見れば悪いことではないのではないかというのだ。

 事実、世間にはびこる人を見ると、その多くは図々しく見えて憎まれがちではあるが、親しくその人に接して、その動機や行動を見ていると、むしろ感服することのほうが多いというのだ。つまり博士のいう「はびこる人」の意味は、社会において自分の主義主張を貫いている人、一途(いちず)に物事を成し遂げて成功している人を示している。

 たしかに、わが道を往くといった唯我独尊(ゆいがどくそん)的な人や、これが自分の天職といって(かたく)なに独立独歩する人は、ほかの人から見ればつきあいにくく、邪魔者あつかいされるかもしれない。だが、そのくらいの強い意志を持って進まなければ、何事も成功することはないのではないか、というのだ。

 たとえば、キリストである。彼は自分の思想を忠実に実行したために、時の為政者(いせいしや)からは邪魔者扱いされたし、旧宗教の人には憎まれたのである。ソクラテスにしても、当時の乱れた社会を批判したから処刑されたのである。このように、「世にはびこる者は憎まれる」というのも真実なのである、というのが博士の解釈である。

 いわれてみればそのとおりで、もし誰からも愛され、誰からも好かれるような人がいたとしたなら、「八方美人」という言葉が悪い意味の言葉として使われるように、こういう人はよほどの偽善者か自分の意志のない人であろう。なにかを主張すれば必ず反対の意見をいう人が現われ、なんらかの行動を起こせば必ず他人との摩擦が生じる。それが世の中というものだ。

 となれば、誰からも憎まれない「よい人」というのは、「どうでもよい人」であって、憎まれないというより相手にされていない人であり、何事も成し遂げることができない人ともいえるのである。ゆえに博士は、もし自分に主義主張なり志なりがあるのなら、たとえ憎まれたとしても「はびこる人」になれ、というのだ。幕末維新の推進者を見るまでもなく、歴史はこうした「はびこる人」によってつくられてきたのである。

人生はジレンマとの戦い


 とはいえ、改革者や変革者といった高い志のある人はまだしも、普通、人は誰でも憎まれるのは気分のいいものではない。いやなことである。だが、いやだからといって「瓢箪(ひようたん)の川流れ」のように浮き世のままに、あっちにふらふらこっちにふらふら流されるのは、これまた望むところではないはずだ。すこしでも自分の意志を持っている人や目的がある人は、必ず誰かに批判されたり反対されたりするのが世の常だと思って、それに負けずに進むくらいの意志が必要なのである。

 むろん、いかにはびこるといっても、人に迷惑をかけるような傍若無人(ぼうじやくぶじん)に振る舞えというのではない。独り孤立して世の中を渡れない以上、みんなと仲良くするためには配慮や遠慮も必要である。だが、反対があるから、妨害があるからといって、みずからの志を中途半端に終わらせてしまうのは、もっと情けないことではないか。問題は、どのようにすれば互いの調和がとれるかということである。

 本来、何事かを成そうとする意志や義務の衝突は、根底においては矛盾するものではない。志や義務そのものは絶対的である。だが、その志や義務にも個人的には軽重(けいちよう)、本末、大小、遠近といった相対的な関係があって、決して絶対的に同等ということはありえない。

 だが、なにかを起こそうとすると、ここに自分と相手との間でその軽重、本末が問われ、実行するとなると衝突としての摩擦が生じるのである。これを、新渡戸博士はジレンマという。

 どういうことか。身近な例でいうと、実母と嫁が口喧嘩をしているとする。間に立って聞いている夫は、それぞれの言い分がわかるので黙っている。このとき実母が、「あんたはどう思う」と息子に聞く。

 息子としては双方とも一理あるので、母親の味方をするわけにもいかず、かといって嫁の味方をするわけにもいかず、「どっちもどっちだよ。ま、仲良くやれよ」といった答えで適当にはぐらかそうとする。すると実母と嫁の両方から攻撃が始まって、息子はとんだ災難となる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:10914文字/本文:12874文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次