読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1246069
0
ホームレス・ワールドカップ日本代表の あきらめない力
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第6章 ホームレス・ワールドカップの衝撃

『ホームレス・ワールドカップ日本代表の あきらめない力』
[著]蛭間芳樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:22分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


集まった48か国・約600人の選手たち


 中間決算を迎える9月末の案件ラッシュを控える中、仕事の都合をつけ、夏季休暇と有休と休日を合わせ8月下旬に10連休を取得した。

 私自身の渡航費や宿泊はすべて自費負担とし、野武士ジャパンに同行した。あくまでもボランティアであるし、限られた予算の中でコーチ用の費用はほとんどなかった。


 2011年8月19日の朝に日本を出発し、経由地のハノイでトランジットがうまくいかず空港から出られないという若干のトラブルはあったものの、20日の朝にパリに到着。パリまでの長時間のフライトで選手もスタッフも疲労の極みにあった。

 パリに到着した選手たちは、地に足がつかないように見えた。なにせ海外は初めての人ばかりだ。大昔に社員旅行でハワイに行ったという一人以外は、初めての海外がフランス・パリとは、ある意味贅沢だ。しかし、彼らは遊びに来たのではないという意識を強く持っていた。


 9回目を迎えるホームレス・ワールドカップ。男子48か国、女子16か国の約600人が選手として参加した。加えて各国のコーチをはじめとしたスタッフやボランティアが約500人。メディア関係者も各国から数百人規模で集まり、2003年の大会開催以降最大規模となった。

 ホームレス・ワールドカップへの参加資格は、16歳以上で過去の大会に参加したことのない者の中から、大会開催日より1年以内に3週間以上のホームレスの経験があるか、ストリートペーパーの販売で生計を立てている者、大会開催日より2年以内に麻薬やアルコール依存の治療を受けている者、過去1年間に亡命した者及び亡命申請者、のいずれかに当てはまる者である。

 大会には世界各国からボランティアも集まる。大会運営、メディア対応のほとんどがボランティアによって行われており、フランス国内からはもちろん、他のEU諸国からも、審判をはじめ、医師や看護師、カメラマンなど、自身の職業の専門的スキルを無償で提供していた。こうしたプロボノたちが世界中から集結する場でもある。


 私はふと疑問に思ったことがあった。それは、なぜ、女性のホームレスチームがあるのか、というもの。フランス代表コーチ、スコットランド代表コーチと話す機会があり、私の疑問をぶつけてみると、理由は明快で、「男女平等な社会なら、女性のホームレスがいるのは当然では」との答え、その質問自体がナンセンスといわんばかりだった。

 確かにそうだ。男女間における雇用機会が真に均等で、社会的な役割が平等ならば、女性のホームレスは当然起こり得る現象であり、女性チームが参加していても何もおかしくない。あまりにも当たり前なことに気がついた。では、なぜ日本では女性のホームレスをあまり見かけないのだろうか。読者のみなさんも、少し考えてみてほしい。


 8月2128日の約1週間にわたって行われたホームレス・ワールドカップは、「王子様たちの公園」と呼ばれるstade de franceスタジアム(1998年FIFAワールドカップ・フランス大会の主会場)での開会式から始まった。

 Melは開催宣言のスピーチで、
「ホームレス問題は絶対にあってはならない。彼らはハウス(家)ではなくホーム(家族や友人など人とのつながりの場)を失った人々なのだ。この会場に来ているあなたたちすべて、特別な存在であることを忘れないでほしい」

 と信念あるメッセージを発した。

 そして、特別ゲストとして元サッカー・フランス代表のプティ選手から激励の言葉があった。
「いま、あなたたちが大会で一生懸命プレーすることはもちろん大切です。しかし、この1週間の大会が終わったあとのことがさらに大切です。あなたたちはこれからの人生をよりよいものにするためにより努力しなければなりません。そのためのホームレス・ワールドカップだと思ってください。思い切りプレーを楽しんでください」


 その後、抽選会が行われ、日本は、アルゼンチン、ギリシャ、リトアニア、コスタリカ、ウクライナと同じ予選グループ「D」に入った。

世界のホームレスも心配する東日本大震災
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9302文字/本文:10985文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次