読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1246122
0
目からウロコのヨーロッパ史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ローマ帝国 キリスト教国教化への道のり

『目からウロコのヨーロッパ史』
[著]島崎晋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

一口にキリスト教といってもカトリック、
正教、プロテスタントといろいろな宗派がある。
なぜ幾つにも分かれているのか。
それぞれにどういう特徴があるのか。
基本的な問題だが、実はこれらは
ヨーロッパ史を知るうえですごく大事なこと。
キリスト教という窓を通して覗いてみれば、
今まで気づかなかったヨーロッパの
素顔が見えてくることだろう。



 4世紀初頭、世界ではじめてキリスト教を国教とする国が現われた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:922文字/本文:1113文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次