読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1246476
0
これが仏教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
“愛させていただく”心に気づけば、人間関係はより深まる

『これが仏教』
[著]ひろさちや [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


無名人のことば


 永六輔氏が『無名人名語録』(講談社)という本を出しておられる。わたしは最初、書店でこのタイトルを見たとき、どういう本なのか見当がつかなかった。

 これは“有名人”に対する“無名人”で、その無名人の「名語録」なのである。旅暮らしをしている永六輔氏の耳に入ってきた無名人のことばを(あつ)めた本が、この『無名人名語録』である。

 ちょっと二、三、抜き書きしてみる。
「必要な品を売るなんてのは、セールスマンでもなんでもないんだ。

 不必要なものを売りつけるからセールスマンなんだぞ」
「学校の成績とか、会社の成績が一位だったてェ奴に人の心がわかるもんか。

 大部分の人間は一位じゃねェんだもの」
「国鉄に乗ると『泥棒がいますので荷物に注意してください』ってアナウンスするんだよね。

 中国のアナウンスは『泥棒はいませんが、物がなくならないように注意してください』って言うんだ。

 同じようなものだけど……」
“国鉄”はなくなって、いまはJR。果たしてJRは、どう言っているだろうか……。

 永六輔氏がかかる無名人の名語録を収集されようとした動機は、愛知県の犬山で、街角の掲示板のビラに、たどたどしい字で書いてある次の文章を見つけたときであったそうだ。

子供 叱るな
来た道だもの
年寄 笑うな
行く道だもの


 わたしもどこかで、このことばを耳にしたことがある。リズミカルで、なかなかいいことばである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3157文字/本文:3752文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次