読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1246488
0
これが仏教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「〜すべき」という原則を越えたところにやさしさがある

『これが仏教』
[著]ひろさちや [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


ユダヤ教の安息日


 ユダヤ教には「安息日」がある。

 われわれ日本人の「日曜日」は休息の日である。いや、日曜日に休息する人は少ない。たいていの人は、日曜日にはゴルフをしたり、映画を見に行ったりしている。わたしなどは、ほとんどの日曜日が講演会や原稿執筆の日になっている。

 ま、日本人にとって、日曜日はたんに会社が休みの日であるだけであって、休息の日とはいえないようだ。

 ところで、ユダヤ人にとっての安息日──土曜日がそうであるが──は、日本人の日曜日とは根本的に違う。ユダヤ教徒にとっての安息日は、簡単にいえば、

 ──聖なる日、神に捧げられた日──

 であって、人間が俗世間の仕事をしてはいけない日である。俗世間の仕事というのは、会社や現場で働くことはもちろん、映画を見るのも仕事になる。マッチをするのだって仕事である。だから、火を使って料理をつくるのも仕事であるし、野菜を切り刻んでサラダをつくるのも仕事である。そのような俗世間の仕事がいっさい禁じられているのが、ユダヤ教の安息日だ。

 おもしろいのは、トイレに入って用をたして、紙で尻を拭くのは許されている(仕事でないとされている)が、トイレット・ペーパーを引っぱり出して、紙をちぎるという行為は仕事とされる。したがって、家庭の主婦は、安息日のはじまる前にトイレット・ペーパーをちぎって積み上げておく。

 安息日に読書をするのはよい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3097文字/本文:3685文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次