読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1246965
0
ビジュアル 目からウロコの世界史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
イベリア半島のイスラーム化

『ビジュアル 目からウロコの世界史』
[著]島崎晋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

8世紀前半〜13世紀前半
コルドバ物語──イベリア半島のイスラーム文化

コルドバはさまざまな民族・宗教が共存共栄する国際都市へと発展していった

▼ユダヤ人の協力を得た建国


 711年春、ウマイヤ朝の軍勢がターリクの指揮のもとジブラルタル海峡を渡り、イベリア半島に上陸した。

 海上から半島の突端を眺めたターリクは、そこを「ターリクの山(アラビア語でジャバル・ターリク)」と命名するが、のちにこれが(てん)()してジブラルタルの語源となる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:957文字/本文:1174文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次