読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1246973
0
ビジュアル 目からウロコの世界史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
宗教改革の波紋

『ビジュアル 目からウロコの世界史』
[著]島崎晋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

1517年〜1555年
贖宥状に異議あり! ルターの「95カ条の論題」

宗教改革の背景には、搾取をする法王庁への不満、神聖ローマ皇帝と領邦諸侯の対立があった

▼「95カ条の論題」に予想外の波紋


 ドイツ中部のヴィッテンベルクに住むアウグスティヌス派の修道士で神学教授でもあるマルティン・ルターが、1517年、ヴィッテンベルク城付属の教会の扉に「95カ条の論題」を貼りだした。教会が発売している(しよく)(ゆう)(じよう)(免罪符)に疑義を唱えるものであったため、ルター本人が予想だにしなかった大きな波紋を広げることとなってしまった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1450文字/本文:1715文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次