読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1246979
0
ビジュアル 目からウロコの世界史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ムガル帝国と列強インド進出

『ビジュアル 目からウロコの世界史』
[著]島崎晋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

16世紀〜18世紀後半
風雲急を告げるインドに忍びよる列強の影

インド洋貿易の参入に失敗したイギリスは、新天地を求めインドへの進出をうかがっていた

▼ティムールの血をひく開祖


 北インドは7世紀にハルシャ・ヴァルダナの帝国が崩壊してのち、長い分裂抗争の時代に入る。元来は「王子」を意味するラージプートと呼ばれる戦士たちによる割拠にはじまり、10世紀後半からはムスリム(イスラーム教徒)勢力の侵入が繰り返され、情勢がいっそう複雑化する。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1026文字/本文:1239文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次