読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1247005
0
ビジュアル 目からウロコの世界史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
パレスティナ問題

『ビジュアル 目からウロコの世界史』
[著]島崎晋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

1915年〜1977年
パレスティナは誰のものか? 中東戦争と石油戦略

アラブとユダヤの対立という構図はイギリスの三重外交がつくりだした

▼イスラエル建国の災い


 第1次世界大戦後、パレスティナはイギリスの委任統治領とされたが、ユダヤ移民の急増とアラブ民族主義の高まりで、抗英闘争ばかりかユダヤ・アラブ間の衝突も絶えず、統治は困難をきわめていた。

 混迷する事態に手を焼いたイギリスは第2次世界大戦後、国連にすべてを託した。これを受けて国連は、エルサレムを首都とするアラブ・ユダヤの連邦国家をつくるという案、および3分割案(アラブ国家、ユダヤ国家とエルサレム、ベツレヘムを中心とする国連永久信託統治地区)を提出した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1405文字/本文:1708文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次