読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1247155
0
小さな庭でも幸せガーデニング
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
根腐れ派vs.水切れ派 水やりトラブルもさまざま

『小さな庭でも幸せガーデニング』
[著]三橋理恵子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

水やりの癖は人によってさまざま


 コンテナでの水やりのトラブルをよく引き起こす要因になるのが用土。コンテナ植えでは、培養土を使うケースが多いけど、この培養土。軽くて、水はけがよくて、というのが(うた)い文句。用土の主体はふかふかのピートモスのことが多くて、その他、いろいろな性質の用土がブレンドされている。


 でも、市販の培養土は、ふだんお仕事をもっている週末ガーデナー泣かせの用土でもある。というのも、水を与えても与えても、次の日にはからから。忙しい日が続いて、水やりできないと、いつか植物を枯らしてしまうという悪循環をたどりやすい。しかも、ピートモスはいったん乾かしてしまうと、水を吸いにくい特徴があって、水やりが不規則になりがちな人には、とっても扱いにくい用土。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1860文字/本文:2193文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次