読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1247541
0
[図解]なぜか仕事がうまくいくリーダーの習慣41
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『[図解]なぜか仕事がうまくいくリーダーの習慣41』
[著]吉越浩一郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

リーダーにとって大切な3つの資質


 こんにちは、吉越浩一郎です。私は、2006年までトリンプ・インターナショナル・ジャパンという会社の社長をしていました。マーケティング本部長や副社長時代も含めて、会社が19年連続の増収増益を達成したこともあり、日本経済新聞社が選ぶ「平成の名経営者100人」にも選ばれました。

 こんな自己紹介をいきなりさせていただいたのは、なにも自慢話がしたいからではありません。本書を読んでくださるみなさんは、私のことをあまり知らない可能性が高いと編集者が教えてくれたからです。

 現在は、こうした本の執筆や講演などの仕事をしながら、日本と妻の母国フランスを中心に世界を旅しています。完全引退までのソフトランディング中といったところでしょうか。

 そんな私が、本書で述べさせていただくのが「リーダー」についてです。

 15年近く社長を務めた経験と、二十代、三十代、四十代の社員だったときに自分が感じたことや実行したことも踏まえて、お伝えしていきたいと思います。


 日本にはリーダーがいない、リーダーが育たないとよくいわれます。たしかに政治の世界を見ると、「そのとおり!」といわざるをえませんし、経済界にも「?」な経営者がいるのは事実です。

 しかし、日本人がリーダーに向かないのかというと、そんなことはまったくありません。

 歴史を見れば、それは明らかでしょう。「資本主義の父」といわれる渋沢栄一さんや「メザシの土光」こと土光敏夫さんは、私の尊敬するリーダーです。

 また、サッカーや野球といったチームスポーツにおいても、強いチームには必ずよきリーダーがいることでしょう。

 ただ、近年、リーダーが減っている、もしくはリーダーの力量が落ちているという指摘には、残念ながらうなずくしかありません。

 それは、なぜか?

 私は、自分を信じる「自信」がない人と、他人に信じてもらう「信頼」がない人が増えているからではないかと考えています。

 自信と信頼という2つの「信」はリーダーに欠かすことのできない資質です。

 それにもう1つ加えたいのが「ユーモア」。リーダー、特に現場のリーダーは、ときに厳しいシビアな立場に立たされることもあります。そんなときにこそ、ユーモアが大きな武器になります。

 それでは、自信、信頼、ユーモア、この3つを兼ね備えたリーダーになるにはどうすればいいのか。

 図やイラストも使いながら、できるだけ具体的にわかりやすく、その方法について述べていきますので、よろしければ最後までお付き合いください。


 2012年10
吉越浩一郎 

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1067文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次