読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1247711
0
病める国家の心理学
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
劣等感を動機とした様な国家目標

『病める国家の心理学』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本が欧米に追いつき追い越せの次の目標が立てられないのは何故か。その点で中国、韓国、日本、皆同じかもしれない。

 日本も韓国も手本がある限り強い国の様である。勤勉は追いつくのに適当な倫理である。

 日本人は生き方を変えるのではなく、合理化によって円高を乗り切る。飛躍ではなく改良。変わることを恐れるうつ病的性格である。

 その点では日本も、韓国も似ているのではないか。


 日本が今、次の目標が立てられないのは、今までの目標が日本人の神経症的競争意識に沿うものだからである。神経症的競争意識以外の目標では日本人の活力を生み出す目標にならない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1332文字/本文:1599文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次