読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1248531
0
ゆったりと生きよう
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
少欲知足

『ゆったりと生きよう』
[著]ひろさちや [発行]PHP研究所


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

勤勉なるが故に


 勤勉なる日本人──と言われている。ほんとうにその通りだと思う。日本人の勤勉さは、世界でも有名である。

 もっとも、「勤勉」ということばは、二通りの意味があるようだ。いい意味と、悪い意味と。

 いい意味というのは、勤勉は美徳である。勤勉であって悪かろうはずがない。だから、ごく普通に、勤勉はいい意味のことばである。

 にもかかわらず、日本人の勤勉はときに悪い意味に受け取られている。例の「エコノミック・アニマル」がそうだ。このことばは一九六九年ごろから言われだしたもので、ほかに「イエロー・ヤンキー」だとか「エコノミック・インベーダー」という呼び方もある。ひどいのになると、「エコノミック・パラサイト」という呼び方までなされてきた。パラサイトといえば「寄生虫」であり、アニマル(動物・畜生)ですらなくなったわけだ。経済大国にのしあがった日本と日本人に対して、しかもその日本人に自国の経済市場を荒らされた諸国からの、怨み声であり、ののしりのことばである。

 勤勉な日本人が汗水たらして働き、安くて上質な製品をつくって売り込みをかける。わたしが子どものころは、日本製といえば「安かろう、悪かろう」の代名詞であったが、現在はなかなかどうして、「安かろう、良かろう」の日本商品である。だから、日本商品はよく売れる。その結果、利益をごっそりと日本に吸い上げられてしまうのだ。東南アジアの諸国ばかりでなしに、EC諸国もアメリカだって、最近は日本に対抗できなくなったらしい。そこで、彼らは日本人の「勤勉」を諸悪の根源と見はじめたのだ。汗水たらして働くその姿を、「エコノミック・アニマル」「エコノミック・パラサイト」と呼びだしたのであった。

 このような日本人の勤勉は、歴史的なものである。つまり、日本人が農耕民族であるところに由来していると思われる。

 日本の農業は、ある意味で雑草との闘いである。太陽エネルギーに恵まれた日本では、雑草が繁茂しやすい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4541文字/本文:5361文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次