読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1248908
0
古風の研究
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一家団欒の絆

『古風の研究』
[著]山崎武也 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 重要な得意先とは事ある(ごと)に一緒に食事をする機会をつくる。最新の情報交換をしながら、これまでの取引関係を()()していこうとするからだ。仕事の上でメリットがあると思った人に出会うと、食事の席を設けて(こう)()を願おうとする。ビジネスにまったく関係のない異性から食事に誘われたら、大いなる関心を抱かれている証拠である。


 女性が気に入った男性に対して、いくらモーションを掛けても、食事でもしようといってもらえないときは、恋が実る確率は非常に低い。勇を()して女性のほうから食事に誘っても、ノーといわれた場合は、それは確実に淡い「片思い」に終わってしまう運命だ。


 一緒に食事をする(たび)に、お互いの(きずな)が強くなってくる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1773文字/本文:2100文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次