読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1249573
0
「つらい人間関係」がぐっと楽になるヒント
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『「つらい人間関係」がぐっと楽になるヒント』
[著]根本橘夫 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 人と交わるのが苦手で、人の中にいると疲れてしまう。

 いつでも誠実に人に接しているのに、人間関係が重荷になってしまう。

 人一倍気をつかって接しているのに、なぜか関係がスムースにいかない。

 こうした人は、対人技術が欠如しているのではなく、心のあり方に原因があるのです。

 そのために、会話や社交のテクニックの本を読んで試してみても、なかなかうまくいきません。

 楽に人と接するためには、心の持ち方を軌道修正することです。

 それには、ほんのいくつかのことを心がければよいのです。

 しかし、心の持ち方は、そう簡単に改まるものではありません。

 なぜなら、それは今までの人生を生きることで作られ、また、それによって自分を守ってきたものでもあるのですから。

 心の持ち方を変えるためには、それを支えるスキルが要求されます。

 たとえば、「つらくても人の輪の中にとどまっていよう」という基本的な姿勢をとり続けるためには、つらさを軽減するスキルが必要です。

 本書は、そうした心の持ち方と、それを支えるスキルを「わかりやすく、役立つこと」をモットーに紹介しました。

 描かれた心理や行動で、自分に当てはまるものがあることと思います。

 紹介された方法の中に「そうだな〜」と共感できて、「確かに」と納得できるものがあるはずです。

 ぜひ、それらの方法を生活の中で実践して、心地よい人間関係に満たされた日々を送られることをお祈りします。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:600文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次