読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1250675
0
40歳からの「似合う」が見つかる 大人の着こなしレッスン
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『40歳からの「似合う」が見つかる 大人の着こなしレッスン』
[著]堀川波 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 40歳を過ぎたころ、それまで着ていた服が何となく似合ってないんじゃないかな、もう少しキチンとした服のほうが似合うのかな、と何を着ていいのか戸惑う時期がありました。

 今思えば、30代まではゆっくりと加齢していく自分に見て見ぬふりができたのですが、40代に入るとシミやしわ、くすみ、白髪、体型の変化をごまかしきれなくなり、少し不安になっていたのかもしれません。

 くわえて、おしゃれと他人目線は、切っても切り離せないもの。40代以上の大人が流行を追いすぎたり、若い人と同じようなメイクをしたりすると、「やたら異性を意識した人」に見えてしまうし、落ち着きすぎると「女を捨てた寂しいおばさん」になってしまいます。そのどちらでもない大人のおしゃれ、って何を着ればいいの? と分からなくなっていました。

 そんなとき、一足のパンプスとの出合いが大人服にシフトできるきっかけになりました。痛くて履けないし、セクシーで大人っぽいものは似合わないと思い込んでいたのですが、そのパンプスは私の足にぴったり。デザインも、大人っぽさの中に可愛らしさがあり、自分の求めている理想の一足だったのです。

 それまではビルケンシュトックやバレエシューズばかり履いていたので、おのずとそれに合うナチュラルでカジュアルな服ばかり着ていました。でも、パンプスとの出合いによって足元が大人っぽくなると、それに合わせるようにシックなワンピースやキレイめパンツも自然に着られるようになりました。おしゃれの幅が広がると、それまで可愛いと思ったことのなかったレオパード柄やピンク色のアイテムに対しても、おしゃれのスパイスとして取り入れると素敵だな、と思えるようになりました。まるで自分の価値観の幅まで広がったよう。街を歩いていても、自分のアンテナに引っかかってくる好きなものが増えたような気がします。

 誰のためでもない、自分の気持ちが弾むための服を着るのが「大人の女性のおしゃれ」なのかも、などと思うこのごろです。

堀川 波
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:835文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次