読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1250849
0
「夜家事」でかつてないほど朝がラクになる
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1章 朝を輝かせるための夜家事の考え方

『「夜家事」でかつてないほど朝がラクになる』
[著]金子由紀子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 パンやコーヒーのCMが描く朝には決まって、

「目をこすりながら起きてきた家族に、しゃれた朝食を用意し、にっこり笑顔で“行ってらっしゃい!”」


 といった、女神のようなお母さんが出てきます。


 テーブルには花が飾られ、インテリアも素敵。出かけていく家族のシャツにはきれいにアイロンがかけられて……。


 このお母さん、本当に女神なのかも!


 でも、現実は……。


「起きなさいってさっきから言って(怒鳴って)るでしょ! どうして目覚まし時計セットしておかないの! お母さんに起こしてもらえばいいとか思ってんじゃないわよ!」

「も~~、いいから早く食べちゃって! 宿題、ランドセルに入れたの? 先週もせっかくやった漢字のプリント、忘れていったんじゃないの」

「自分のシャツくらい自分で出してよお父さん。見ればわかるでしょ、クローゼットの右端! 私今お兄ちゃんのお弁当作ってんの!」


 眉間にシワを寄せて、キツい言葉の連発です。このうえ、おばあちゃんをデイケアに送り出したあと、自分の仕事に出かけなければならなかったり、町内会やPTAの集まり(一銭にもならないのに、休めない……)に出席しなければならないのだったら、焦りとイライラはこの数倍かもしれません。


 かくも、主婦の朝はタイヘンなのです。自分のことだけでも精一杯なのに、家族の人数分の朝仕事、出かける準備とその確認、突発的なリクエストも、短時間のうちに処理しなければなりません。


 このタイヘンさを、少しでもラクにしたい……。


 ちょっとでいいから、誰かに手伝ってもらいたい……。


 本当は、キツい言葉ではなく、笑顔で家族に接したい……。


 そう思っている人は多いのではないでしょうか?

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3784文字/本文:4495文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次