読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1250940
0
遅咲き偉人伝
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき

『遅咲き偉人伝』
[著]久恒啓一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 二〇〇五年(平成十七年)一月から本格的に始めた全国を巡る「人物記念館の旅」も、早いものでもう丸六年になった。一〇〇館を超えたあたりでは、「百説」という言葉があるように、入門というか卒業というか、ある地点に立ったという感慨があった。二〇〇館を超えたときには、この旅は「聖人巡礼の旅」だと意識することになった。その旅もいつの間にか三〇〇館を超え、四〇〇館に迫ろうとしている。

 二十一世紀に入って経済至上の世の中の趨勢(すうせい)が反転し、いずれは精神性の時代に入るのではないかという漠然とした予感のもとに始めた「人物記念館の旅」も、その面白さに取り()かれて、今や私のライフワークになっている。その「人物記念館の旅」の巡礼の中で得た結論は、「人の偉大さは人に与える影響力の総量で決まる」、ということである。

 広く影響を与える人は偉大な人だ。そして広く深く影響を与える人は、もっと偉大な人だ。さらに広く深く、そして長く影響を与える人はもっとも偉大な人である。

 遅咲きの人には長く仕事をしている人が多い。世に出るまでの修業の期間が長く、その間にじっくりと自身の力で成熟しているから、遅咲きの人は長持ちしている。したがって影響力の総量において、実は早咲きの人に比べると圧倒的に勝っているということになる。

 そして、彼が生きた時代を超えて、今日に至るまでその影響が及ぶということになると、その総量はとてつもなく大きくなり、偉人と呼ばれるようになっていく。

 さて、ここ数年、大学で近代日本の偉人の生き方を紹介する授業を展開しているが、学生の反応に手応えを感じている。偉人の人生と彼らが絞り出した至言に心を打たれる若者も多い。また学生たちは早熟の天才よりも遅咲きの努力型の偉人の方に関心を寄せている。よりよく生きようとしている若者の姿は今も昔も変わらない。教育の現場においても、「偉人伝」を取り上げることの意味と意義は大きいように思う。

 また、私の現在の職場である多摩大学は、創立二十周年を機に「現代の志塾」という教育理念を掲げ、「志」を磨く少人数教育を実践している。その一つとして高校生を対象に「私の志」小論文コンテストを行ったところ、原稿用紙六枚という量にもかかわらず、初年度は三五三件、二年目の二〇一〇年は北海道から沖縄まで一一五七件という思いがけない数が集まって、関係者一同驚くこととなった。

 どうやら、死語と化していた「志」という言葉は、若者の心に響いたようである。時代の底流に変化が起こっているのかもしれない。
「少にして学べば則ち壮にして為すことあり。壮にして学べば則ち老いて衰えず。老いて学べば則ち死して朽ちず」。江戸時代の儒学者・佐藤一斎の味わい深い言葉である。生涯学習の時代にふさわしい言葉だ。

 この本で取り上げた近代日本の偉人に共通するのは、「死して朽ちず」、つまり素晴らしい業績をあげた人物の(かも)した香りが、後の世の人にも影響を与え続けているということである。

 長寿社会は遅咲きの時代である。徳富蘇峰(とくとみそほう)は「世に千載の世なく、人に百年の寿命なし」と言ったが、私たちは人生百年時代を迎えようとしている。これからの時代には、七十代、八十代、九十代という人生後半の人々の中から、様々な分野でスターが生まれてくるだろう。そういった時代を生きる上で、この本で取り上げた遅咲きの偉人たちの生き方、仕事ぶりは大いに参考になると思う。
「少子高齢社会」には問題山積みという論調が多いが、人生の後半こそ長い時間をかけて何事かを為すことができるし、その姿が、少なくなる若者への無言の教育にもなる、そういう時代になっていくだろう。

 さて、ビジネスマン時代から続く私の著作生活も、いつの間にか初の単著から二十年、また最初の共著から三十年近くになった。今まで要請に応じて書き続けてきたビジネス分野とは異なって、この本は新たな地平を切り(ひら)くスタートとなった。

 今までとは系統の違うテーマに挑戦したこともあり、この本には長い時間と大きな労力を要するなど苦戦したが、私にとっては思い出深い記念碑的な本となった。それが一〇〇冊目の著書になるという偶然に驚いている。

 最後になったが、長い時間、辛抱強く見守っていただいたPHPエディターズ・グループの編集者・鈴木隆さんに感謝の言葉を捧げたい。

久恒啓一 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1802文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次