読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1251256
0
いき方
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき

『いき方』
[著]山崎武也 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 一般の人たちが日々生活していく中で関心を抱いているのは、政治、経済、文化、スポーツの世界における動きである。文化は人間の精神面に焦点を当てた活動であり、スポーツは運動であり、それぞれの好みによって、関心の度合いも異なっている。また、政治は国を治める活動であるが、自分が直接に参加したり即座に影響を(こうむ)ったりすることの、あまりない分野である。

 それらに対して、経済は生活に必要な物やサービスにかかわる活動であるから、自分の生活や人生に切実に関係してくる。いきおい、人々にとって優先順位のトップを占める問題となっている。それは極めて自然な成り行きである。

 経済の指標であり単位となり、さらには手段となるのは、「(カネ)」である。そこで、皆が金に対して大いなる関心を示し、強い執着を持つようになる。金があれば自分の生活の程度を上げていくことができるので、まず金を手に入れようと懸命になる。一所懸命に努力をするのが続くと、何のために金が必要であったのかという本来の目的を忘れがちになるので、注意を要する。

 金は少ないよりも多いほうがよいし、多ければ多いほどよい。しかし、さらに多くを手に入れようとするために、さまざまなものやことを犠牲にしている。健康を害したり人間関係にひびが入ったりと、目指していた豊かな人生にとってマイナスの結果となる危険性もある。

 また、金が多くあることを知ると、人々が寄ってきて機嫌を取ったり祭り上げたりもする。すると、つい驕慢に振る舞って、謙虚さを忘れるようになる。「金と塵は積もるほど汚い」といわれている。金が多ければ多いほど人格も汚れてくる危険度が高くなるのである。

 欲の最たるものである、金に対する欲を抑えてみる。そうすると、身も心も解放されて軽くなり、フレキシブルに考え行動することができる。周囲の情況や人々の考えていることも、正しく観察し判断するようになる。そうなると、人生にとって大切なものは何か、という点を中心に考える余裕もでてくる。

 精神的な豊かさを目指した生き方は、潤いのある人格の醸成へとつながっていく。品格が確立されてくるのである。金に必要以上の執着がないようにと、身を律してみる。金のにおいが薄くなればなるほど、品格あるいき方になっていくはずだ。


 本書の企画については、PHP研究所の大久保龍也さんから多大な助力をいただいた。ここに深甚なる感謝の意を表する。


 二〇〇六年五月
武也 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1018文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次