読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1253019
0
お金も運もつれてくる 黄金龍の飼い方・育て方
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第四章 黄金龍が逃げる人、なつく人

『お金も運もつれてくる 黄金龍の飼い方・育て方』
[著]龍羽ワタナベ [発行]PHP研究所


読了目安時間:18分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


黄金龍が逃げる人 ①実行しない人




 龍は神様のお使いとして私たち人間を救い、幸せにしようとあれこれ奮闘してくれているわけですが、そんな龍にだって感情があります。

「こういう人は、どうも好きじゃない」


 という好き嫌いが、やはりあるのです。もちろん龍は神様のお使いですから、好きではない人のことも、ちゃんと面倒をみてくれます。でも、やはり応援の度合いには差が出てしまうようです。



 では、龍に好かれないのはどんなタイプの人でしょうか?


 まずは、「実行しない人」です。

「行きたいところがある」「習いたいものがある」「やりたいことがある」と言いながら、一向にそれをしない人。欲しいものがあるのに、いつまでたっても買わない人。


 あれこれ夢や希望を持ちながら、動こうとしない人が少なくありません。


 そういう人に「なぜやらないのですか?」と尋ねると、お金や時間がない、学歴や経験がない、家族が許可してくれない、子どもがまだ小さい、場所が遠いなどなど、あらゆる「できない言い訳」が返ってきます。


 しかし、本当にそれが理由で「できない」のでしょうか?


 例えば、「留学したいけれど、お金がないからできない」と言っている人は、もし宝くじが当たってお金ができたとしても、今度は「家族が反対している」など、別の理由を並べることでしょう。


 何かが「ない」からできないのではなく、本気でやる気がないのです。「ない」のはお金や時間ではなく、本当の意志です。

「お金ができたらやろう」ではなく、先に「本気でやる」と決めてください。この本気度が大事です。ゆるい(あこが)れのままでは、いつまでたっても実行できません。


 本気でやると決めれば、黄金龍は必ず応援してくれます。障害や困難があっても、その解決策を見つけられるようにしてくれるのです。



 日本に住んでいた私の妹は、台湾にいる私のもとを何度か訪ねるうちに台湾が好きになり、ある時突然「台湾で生活したい」と言い出しました。


 しかし、その当時すでに彼女は結婚しており、小学生の娘がいる身でした。娘を連れて台湾に来て、数年暮らしたいという妹に、私はできる限り協力するつもりではいましたが、お金や娘の学校の問題もあります。ましてや妹は中国語も話せず、台湾で働けるビザも持っていないのですから、そう簡単に来られるはずがないと私はたかをくくっていました。



 ところが妹は、すぐさま夫を説き伏せて仕送りを了承させ、お金の問題をクリアしました。そして娘を台湾の日本人学校に編入させるための書類を携え、本当に娘を連れて台湾にやって来ました。


 日本人学校への編入手続きでは、駐在員の子女でもなく、親のどちらかが台湾日本人会会員でもない子どもの編入に学校側から驚かれ、台湾の公的機関からも、小学生の留学用のビザなど聞いたことがないと困惑されました。


 それでも前例がないというだけで、規制があるわけではないので、無事編入できました。妹自身は居留ビザがないので、ビザなしで滞在できる上限の三カ月ごとに台湾を出ては戻ることを繰り返しました。


 こうして、小学校四年生の娘が小学校を卒業するまで、妹は台湾で過ごしたのです。私も多少のサポートはしましたが、肝心なことは妹本人がほぼすべて自力でやってのけました。


 お金や言葉、ビザ、家族の理解といった問題も、そして前例がないと言われるような難題さえ、彼女の本気度の前には、障害にはならなかったのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7451文字/本文:8862文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次