読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1253325
0
技術戦としての第二次世界大戦
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第二章 ソ連軍と日本軍

『技術戦としての第二次世界大戦』
[著]兵頭二十八 [著] 別宮暖朗 [発行]PHP研究所


読了目安時間:1時間23分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

戦争以上に影響を与えた「紛争」

兵頭 一九三九年のノモンハン事件は、日ソ両軍が互いに数個師団をぶつけあい、航空機と野戦重砲まで投入した現代的な火力戦闘が五月から九月まで繰り広げられ、双方に数千人単位の戦死者が発生しています。

 わが関東軍は六万人出動させて七七二〇人が戦死した。ソ連軍は七九七四人が死んだのは確からしく、一説に九〇〇〇人くらい死んでるんじゃないかという。他にモンゴル兵も一六五人死んだようですが、真の数字とは思えない。

 これは「戦争」と呼ぶべきでしょうか。
別宮 ノモンハン事件は奇妙な特徴があります。まず、日ソ国交関係が断絶していません。どちらも大使を引き揚げていないのです。

 戦場を限定しようとする意思を双方が見せました。満蒙国境のホロンバイル平原のみで戦われて、他の満ソ国境は平穏でした。前線正面の幅でいうと50kmくらいです。満ソ国境は3700kmあったんです。終始、互いに聖域を容認し、すぐ近くのハイラルからチタまで東支鉄道は順調に運行され、シベリア鉄道や南満州鉄道も運行に支障がありませんでした。

 ノモンハン事件は近代における国家間の戦争で必ず起きる現象を満たしていないのですが、反面、国境警備隊同士の喧嘩というにはあまりにも大きいわけです。

 アメリカ国防総省は各国(間)の紛争について、内乱も含めて年次報告を出していますが、この事件については触れられていません。
兵頭 前史を確認しますと、一九三二年から三五年にかけ、ソ連は極東の国境線に陣地帯を工事し終わったといいます。特に堅固な箇所では、饅頭型のべトン・トーチカを点々と連ね、その間には鉄条網を張り渡し、陣地帯とし、そのような帯を、縦深的に多段階に置いた。

 また一九三四年には極東ソ連軍は関東軍・朝鮮軍に対して兵力でも航空機でも五倍の優勢になった。すると国境警備隊も急に強気となり、さかんに満州国側に武装兵が越境したり匪賊をそそのかしたりするようになります。ソ連の属国化していたモンゴル人民共和国との国境でも国境警備隊同士の発砲事件が起こるようになっていた。

 そんな険悪な国境の空気であったにもかかわらず、ノモンハンの戦火がただちに東部満ソ国境に広がることはありませんでした。
別宮 七月中旬には東部のソ連軍も戦闘配置にはついたようですが。
兵頭 日本側は、関東軍だけが戦って、支那派遣軍は傍観。海軍は蚊帳(かや)の外、本国からの応援もなしでしたね。

 時期を少しさかのぼりますと、ロシア革命で満州への北からの圧力はいったんゼロになったんですが、バクーや北樺太の原油の輸出代金を原資とする五カ年計画が順調に進めば、満支鮮への「赤化」の圧力を支えきれなくなるだろうと、陸軍の物動(物資動員)に関わったエリート佐官らは満州事変の前から予見していました。

 その予見は一九三五年までに当たってしまった。
別宮 銑鉄の生産量でソ連がフランスの1000万トンに並んだ、とスターリンが発表したのが一九三三年でしたね。

 その前の一九二〇年代は、ラパロ条約(一九二二年)秘密議定書によって、ユンカースやクルップなどドイツの兵器工場の一部がベルサイユ条約をかいくぐるためソ連へも疎開しており、ベルサイユ条約で禁止されていたドイツ軍の戦車の試作もソ連国内で「重トラクター」として密かに行われるといった協力関係がありました。この条約以前でも、ゼークト(参謀総長)が、これらの機械設備の原型をドイツ・マルクでトロツキー(赤軍政治委員)に渡していたのです。

 ゼークトはいわゆる「黒い共和国軍」計画の中で、対フランス作戦を立案し、エルベ河までフランス軍を誘引し、東からの赤軍と共同して河畔で殲滅する作戦を準備していました。

 一方、赤白内戦中、赤軍で最も頭角を(あらわ)した軍人はフルンゼとトハチェフスキーですが、フルンゼの死後、トハチェフスキーが赤軍の階級トップとなり、この独ソ秘密軍事協約の遂行に当たりました。
兵頭 三六年の極東では、もうソ連軍が日本軍に対して歩兵で三倍、戦車で一〇倍になっていたといいます。

 ソ連の五カ年計画にも波があったようですが、一九三四年から三六年がいちばんめざましかった。この理由は三三年にアメリカがソ連を承認したからでしょう。つまり原油を西側に輸出してハードカレンシーに換えるルートが整備されたのです。

 当時のソ連は世界第二の産金国でもあります。スターリン時代にソ連が鉱物資源の利用の研究にどれほど体系的に取り組んでいたかは、フェルスマン著『石の思い出』(邦訳)を見てもしのばれます。そうした資源輸出で得た潤沢なハードカレンシーで世界から一流の工場設備を買ったのです。

 このままじゃマズかろうというので一九三六年から関東軍の装備や戦術を更新しなければと計画をスタートさせた矢先に、三七年の支那事変の勃発です。ですから物事には必ず裏があると見る人々は、「支那事変はコミンテルンのスパイが起こさせた」とか「対ソ戦になって陸軍が全予算をもっていってしまうのを嫌う日本海軍が支那事変を終わらなくしたのだ」と疑っています。

ノモンハン事件

別宮 事件の経緯をざっと見ておきましょうか。
兵頭 はい。一九三九年の五月十三日に、ハルハ河東岸で第23師団の「東支隊」(2個中隊に山砲×三など増強)が少数のモンゴル兵を駆逐したのが発端です。

 このハルハ河東岸は、日本側の地図では満州国領であり、ソ連側の地図ではモンゴル領となっていた。それでソ蒙兵は喧嘩支度で再び東岸に進出してきました。
別宮 第23師団(歩64熊本、歩71広島、歩72久留米)は一九三八年に、それまで4個聯隊で1個師団としていたのを、火力増強で3個聯隊に減らした「三単位制」の新編師団ですね。そして師団長の小松原道太郎は、ロシア通のエリートでした。
兵頭 かつて参本でロシア語から「謀略」、「細胞」という日本語を創ったのは彼だったそうですよ(飯村(じよう)『兵術随想』昭和四十一年)。

 気負いがあったのは間違いないでしょう。

 五月二十八日に、関東軍は、こんどは「山県支隊」(37ミリ速射砲×四をもつ1個大隊に山砲×九、92式重装甲車×四など増強)を東岸に送り出し、包囲して一網打尽にするつもりが、ソ連軍の装甲車と高速戦車が出てきた上、東岸より標高が数十mも高い西岸に布陣した火砲で瞰制(かんせい)されて文字通り射すくめられた。味方砲兵の支援がない以上は、すぐに退却すればいいのにメンツが許さず、遮蔽物のない平原でウロウロしているうちに一五九名の全滅的な戦死者を出してしまい、六月一日にやっと離脱しました。

 92式重装甲車はアーマー厚が6ミリで、94式軽装甲車の10ミリ鋼鈑よりも薄く、昭和十四年で製造が打ち切られたものです。この四両も全損したと思われます。
別宮 そこまでが地上部隊にとっての「第一次ノモンハン事件」ですね。その間に空ではわが97式戦闘機が敵を数十機撃墜して、凱歌(がいか)をあげている。
兵頭 以後、増強されたソ連軍が東岸に本格的な野戦築城をして居座ります。しかも六月十七日から十九日にかけて、カンジュルとアルシャンの日本軍の航空基地を越境空襲した。

 それに対して関東軍の航空隊は二十二〜二十五日に、辻政信参謀が捏造(ねつぞう)した(にせ)の関東軍作戦命令に基づく、軍法無視のタムスク爆撃で応えた。97式重爆撃機と伊式重爆など一三〇機を集めた、事件中の最大の航空攻勢です。この時点までの空戦は日本の圧勝に見えたので、航空基地では楽観ムードになります。
別宮 97式重爆も一九三八年八月にデビューしたばかりの新鋭機でしたね。この飛行機が登場するまで、陸軍には重慶爆撃に使えるような機体がなかった。

 その後が、最激戦となる「第二次ノモンハン事件」ですね。
兵頭 三九年の六月二十八日に、こんどはソ連軍が東岸の自己主張ラインを越えてきて地上戦が再開されました。

 それに対して日本軍は七月二日、東岸への戦車攻撃と西岸への渡河逆襲を同時発起しましたが、渡河は歩兵だけでしたので、五日までには東岸へ追い返され、東岸の戦車部隊も損害がはなはだしいというので九日に戦場離脱命令が出されました。

 中戦車一九両、軽戦車一一両、軽装甲車七両が失われた。ここに初期の重装甲車はカウントされていないと思われます。

 このあと関東軍は野戦重砲を呼び寄せて期待をかけます。七月二十三日から砲撃を開始したところ、二日後には弾薬不足に陥ってしまった。しかもソ連軍の砲兵にはどうしても撃ち勝てない。八二門投入したうちの七七門が失われました。

 その中には二十九日までに全滅した8915センチ加農×六門(2個中隊)も含まれています。それまで秘密兵器扱いの重砲で、射程も18kmあったのですが……。

 これに先立って第23師団長は、大砲撃戦の邪魔になるといわれて、それまでかろうじて固守していた東岸係争地内のいくつかの塹壕陣地からも残余の歩兵全部を後方に退()げさせてしまっていたので、大いに後悔したのですが、係争地は完全にソ蒙兵の占領するところとなってしまっていて、後の祭でした。

 八月十日に関東軍は「紛争は終結した」といって、前線近くの従軍記者全員を体よく追い払ってしまいました。
別宮 すると八月二十日にソ連軍のジューコフ大攻勢ですね。
兵頭 ええ。空からは、SB高速爆撃機一五〇機と、その同数以上の戦闘機が日本軍陣地を空襲。同時に東右岸地区の両翼から歩兵と装甲車が突出して日本軍部隊を包囲、さらに有力な戦車部隊が左翼から日本軍の後方へと大きく回り込んで、二十四日までに「二重包囲」を完成してしまいます。袋のネズミとなった。
別宮 二十三日には「独ソ不可侵条約」が結ばれ、日本の内閣はショックを受けます。
兵頭 八月二十八日には、建軍いらい初の敵中での聯隊長自決が二名、出ました。

 九月一日にソ連軍は主張線内の掃討を完了し、警備体制に移りました。
別宮 その日、ドイツはポーランドを侵略した。三日に英仏が宣戦布告して第二次欧州大戦が始まりました。十六日に外相モロトフと東郷大使の停戦交渉が成立すると、十七日にソ連もポーランドに侵攻しました。

 なんと一日あとです。
兵頭 つまりソ連は共通の敵ポーランドをドイツと分け盗りにすることで前々から打ち合わせていたので、国家戦略の大原則に反する「同時二正面戦争」を回避するべく、九月の手打ちを急いだのでしょうね。そのための八月の猛チャージでもあった。
別宮 九月中旬の日ソ停戦協定前に、関東軍は3個師団をさらに増強し、「復讐戦」を準備していました。これは「負け惜しみ」のようなことですが、この時の日ソ布陣は日本側の必勝形です。

 それでも日本側が停戦を焦ったのは、ジューコフ八月攻勢によるという指摘は正しいと思います。講和するため、停戦するために、攻勢に出ること、頑強に戦うことは「論理的」です。
兵頭 辻参謀は横須賀から射程26km96式十五加を三門呼び寄せようとしていたようですね。この攻城砲はウラジオストク攻略用として朝鮮軍も保有していましたが、さすがにそれをノモンハンに持ってくるわけにはいかなかった。三パーツに分解してそれぞれ13トン牽引車で運び、陣地進入前三十分で組み立てることができる秘密兵器でした。

 それ以外ですと、古い「4年式15センチ榴弾砲」の重砲兵聯隊をありったけ呼び集める気だったらしい。
別宮 しかし東京の参本では、独ソ間で「モロトフ=リッベントロップ協定」が成立した直後なので、「独ソ連合」に日本が対抗することを避けようとして、停戦としたのではないかと思います。

日本陸軍内部の分裂

兵頭 関東軍のこの紛争の収め方には謎が多いと思っていますが、騒動の拡大の背景はシンプルではないでしょうか。赤軍に対峙した最前線部隊に勤務するエリートと、東京に勤務するエリートの理想の分裂でしょう。

 昭和十二年以来、「ソ連と戦ってシベリアを占領できるだけの軍備を整えるためには、とっとと支那事変を片付けろ。支那事変が終わらないのだというのなら、対ソ戦なんてしばらく考えるな」という一派がいた。

 それに対して「いや、支那事変をやりながらでも対ソ戦は十分にできるんじゃ」と言いたい一派がいた。どちらの判断が主流になるかで、巨額の予算の行方も、若いエリート将校たちの人事──将来の栄達までも、まるで違ってきます。そして関東軍に所属すれば、どうしても後者の意見の正しさを証明したくなったのだと思います。

 満州事変後の一九三三年から、ソ連は東部国境にトーチカ帯を造り始め、平時で12個師団を貼り付けて、防禦縦深(じゆうしん)を200kmも確保した。

 それで日本陸軍としてはとりあえず昭和十一年、ないしは十二年、ないしは十四年の対ソ戦を構想して戦力強化に努めたものの、どうも昭和十三年になっても差が縮まらず、対ソ戦は昭和十七〜十八年までやらないでおこうという方針に固まりかける。

 これに反発したのが、満州事変で活躍しそこねたエリート参謀たちで、彼らは「沿海州を最初に攻めようとするから短期決戦をしようとしても成算が立たないのだ。発想を転換して、最初にいきなり西部満ソ国境から突出して、そこでシベリア鉄道を遮断してしまえば、沿海州は立ち枯れる」と主張した。これが昭和十四年で、代弁者の一人が服部卓四郎(はつとりたくしろう)だった。つまり服部は、陸軍内の「昭和十八年まで延期しなくたって、対ソ戦は従前の目論見(もくろみ)通り昭和十四年、つまり今すぐだってやれるのさ」派の代表として、それを実証してみせたかったのでしょう。
別宮 その見方は鋭いもので、私は陸軍内対立の根はかなり深いとみています。平時の軍隊は年次作戦計画をたてて、それにもとづいて予算を獲得します。

 この計画をたてるのは参本の作戦課です。これゆえ、陸軍における作戦(課)偏重というのが出てきたわけです。服部卓四郎は日米戦争勃発時の作戦課長です。ただ、この男は「法匪(ほうひ)」で、すなわち官僚界における手続きには強いのですが、創造性が豊かとは思えません。

 第一次大戦以降、陸軍主流は山縣有朋(ありとも)=田中義一(ぎいち)の長州閥から、上原閥に移り、そのまま皇道派に衣替えします。

 一九三五年、この皇道派に(かげ)りが出てきたとき大事件が起きます。永田鉄山(てつざん)(軍務局長)暗殺事件です。この永田と最も対立したのが、前に出てきた小畑敏四郎です。

 永田(統制派)と小畑(皇道派)の対立軸が対ソ作戦であったことは明確です。そして、小畑は一切記録を残さない主義ですが、防勢作戦については判明しています。すなわち一九四五年関東軍が、その防勢作戦をソ連軍の侵攻とともに実施にうつしたからです。

 内線作戦が特徴で、長春を頂点とし、虎頭要塞と山海関を両翼とする三角形の防禦陣地にいったん撤退し、両翼から攻勢移転にうつるというものです。不幸なことに、この時も不完全なまま終了しました。

 永田事件の直前、小畑は作戦部長ですが、永田と東支鉄道買収問題・ハイラル要塞建設問題で怒鳴りあったといいます。

 極東ソ連軍はトーチカを連ねたマジノ線に似た線状防禦線を建設しましたが、小畑は拠点防衛(要塞を複数建設し(しとうてん)とすること)による、柔軟防禦を主張しました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:35085文字/本文:41342文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次