読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1253409
0
捨てちゃえ、捨てちゃえ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
不愉快な心 ――思い切り腹を立てて、あとはさらりと忘れてしまう

『捨てちゃえ、捨てちゃえ』
[著]ひろさちや [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 物理学者の寺田寅彦は、また名随筆家としても知られている。岩波文庫に『寺田寅彦随筆集』(小宮豊隆編、全五巻)があるが、その第五巻に「腹の立つ元旦(がんたん)」と題する短いエッセーが収められている。

 温厚篤実(とくじつ)で、日ごろは親切な老人が、元旦というときまってきげんが悪くなり、苦い顔をして家族一同を暗い気持ちにさせるというのだ。その理由は分かっている。きれいに片付いているべき床の間が取り散らされていたり、玄関の障子が破れていたりするのを見ると、平生なら別になんでもないのだが、元旦だと思うと、ひどく気になり、不愉快になり、やがて腹立たしく思われてくるのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:450文字/本文:734文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次