読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1253682
0
こころが晴れる本
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「借り物」の人生はからだに悪い

『こころが晴れる本』
[著]頼藤和寛 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 Jさんは、とことん常識派なのです。

 これは小学校の時からで、非常識だったのは中学の時、理科の先生が間違って人間の染色体が四十五本と言ったのを三十になるまで信じていたことぐらい。まあ、それほど教えられたこと、世間の良識、常識などが身に染みつきやすい。

 Jさんと議論するのは考えものです。なにしろ天下の常識をバックにしているんだもの、多数決では勝ち目はない。しかしJさんを困らせるのは実のところ簡単なのです。彼が何かを主張したら、そのことについて「それはなぜですか」と問い詰めていけばよい。最初の間はちゃんと答えてくれますが、そのうち「なぜかはわからないが、昔から世間ではそういうことになっている」ところまで掘り下げてくると、理屈が底をついてしまいます。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1295文字/本文:1621文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次