読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1253692
0
こころが晴れる本
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「不安」と「憂鬱」への処方箋

『こころが晴れる本』
[著]頼藤和寛 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

●不安・恐怖・心配はちがう
「不安」と聞くと、心理学や精神医学の優等生は「対象なき恐怖」と反射的に答えます。特定の対象に対するおびえは「恐怖」で、何が怖いというのではなく漠然とおびえの感覚があるのを「不安」というわけです。

 しかし、日常用語では「今度の試験が不安だ」とか「あの人に会うのが不安で」とか、けっこう特定の対象に対するおびえも不安と表現されています。この場合、厳密に言うと不安よりむしろ「心配」に該当するのでしょう。

 不安というのは漠然としたおびえ感覚、恐怖というのは特定の対象や状況を恐れること、心配というのは「だいじょうぶかしら、やばいんじゃないの」といった、まあ要するに心配のことを指すのですね。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2080文字/本文:2385文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次