読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1253699
0
こころが晴れる本
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
相手の気持ちがわかるとは

『こころが晴れる本』
[著]頼藤和寛 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

●ほどほどにわかりあえるのが人間

 他人を理解するというのは、やさしいようでいてむつかしく、むつかしいようでいてやさしい。

 やさしいように見えるのは、お互い人間だから似たようなシロモノだという前提があるからです。比較行動学では、世界中の人間の基本的表情が同じであると教えています。つまり、うれしい時の表情、はにかんだ時の表情など、万国共通らしいのです(I・アイブル=アイベスフェルト)。言葉の通じない国へ行っても身振り手振りでなんとかコミュニケーションが可能で、暮らすには困らないと言われます。四海同胞、人類みなきょうだい、というわけで、ミトコンドリアの遺伝子研究では二十万年ほど過去にたどれば、全世界の人間もひとりの先祖にさかのぼれる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1509文字/本文:1827文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次