読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1253996
0
怖くて眠れなくなる科学
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
番外編 兵器、擬似科学エトセトラ

『怖くて眠れなくなる科学』
[著]竹内薫 [発行]PHP研究所


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


天から鉄槌が降ってくる

アメリカが開発している新兵器


 インターネットの掲示板でアメリカ軍が開発している「神の杖」という宇宙兵器が話題になっていました。情報源は「中国網(チャイナネット)」。これは中華人民共和国国務院直属の中国外文出版発行事業局が管理・運営するニュースサイトだそうです。サイトを覗くと、たしかに「神の杖」のニュースがありました(「中国網日本語版〈チャイナネット〉」二〇一二年二月二十九日)。中身をまとめると、こんな感じになります。


 アメリカが開発している「神の杖」は、高度一〇〇〇キロメートルの宇宙空間に浮かぶ発射台から、直径三〇センチ、長さ約六メートル、重さ一〇〇キログラムの金属棒を地上に向けて「落とす」計画。金属棒には小型推進ロケットが搭載(とうさい)され、材質はチタンもしくはウラン。衛星により誘導され、地球のあらゆる場所を狙うことができる。

 棒の落下速度は時速一万キロを超えるため、核兵器に匹敵する破壊力をもつ。また、爆弾ではなく「棒」であるため、地中の奥深くまで突き刺さり、地下数百メートルにある軍事施設も破壊することが可能だ。命中率も高く、ミサイルのように迎撃するのも難しく、電波も出さないため、事実上、防御は不可能と思われる。


 これまでは空から降ってくるものとして想像できるのは、ミサイルや、せいぜいレーザー兵器くらいでしたが、地球上どこでも、地下数百メートルまで破壊できるとなると、神というよりは「悪魔の杖」というネーミングのほうがしっくりくるのではないでしょうか。

 神の杖のアイディアは、SF作家のジェリー・パーネルが、ボーイング社に勤めていた一九五〇年代に思いついたとされています。その後、二〇〇三年に米空軍の報告書に詳細なスペックが載り、現実味を帯びてきます。もしかして、実用段階に入ったことを中国が察知して、今回の報道となったのでしょうか? でも、うがった見方をすれば、このアイディアはあくまでもSFレベルの話であり、中国による情報攪乱(かくらん)の可能性も否定できません。

ツイッターが理由で強制送還


 アメリカの軍事「兵器」といえば、二〇一二年初頭に、ツイッターでアメリカについて呟いたイギリス人カップルが、アメリカに入国できずに強制送還される、という事件がありました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5028文字/本文:5982文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次