読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1253998
0
怖くて眠れなくなる科学
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
あとがき

『怖くて眠れなくなる科学』
[著]竹内薫 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 本書のゲラを読んでくれた妻が「怖いのもあるけど、怖くないのもある」と感想を洩らしました。たしかに、「怖さ」は個人的なものです。妻が出してきた例では、「中国で、半身麻痺の女性の脳から体長二三センチメートルの寄生虫が発見される」というニュースが怖いそうです。寄生虫(線虫)は、自分が居心地よくなるために、周囲を肉腫(にくしゆ)にしてしまうのだとか(要するに「寝床」をつくっていたんですね)。

 また、ツイッターで怖い科学の例を募ったところ、「自分のクローンに人体実験」「iPS細胞の研究」「遺伝子組み換え」「この宇宙が誰かの創作物である可能性」「(科学者が)神になれると思うこと」「脳をいじくる研究」「意識の視覚化」「中性子爆弾」「遠隔操作無人戦闘機」……といったつぶやきをいただきました。やはり、怖さにもいろいろあるようです(フォロワーのみなさん、ありがとうございました)。

 私は学校の生物の時間の解剖(かいぼう)が怖かったのですが、ある生物学者によれば、あれほど「美しい」ものはないのだそうです。人間の遺体をプラスチック化して展示する、なんていうのも、美術なのか、医学なのか……考えようによっては、怖いともいえます。

 私の友人の生物学者は、動物の脳のどこが反応しているかを知るために、その動物を殺して、脳を薄くスライスして、顕微鏡で覗いています。私はその行為が怖くて仕方ないのです。彼と酒を呑んでいて、気がついたら拘束されて、頭蓋骨を切られて、「君の脳を美しくスライスしてあげるよ……」。いや、妄想が過ぎました。

 本書を書き上げて、なんとなく、科学の怖い側面がわかってきた気がしています。同時に、「もっと怖い科学があるのではないか?」と、今回のセレクションに飽き足りない自分がいるのも事実です。

 最後になりますが、本書の企画から出版まで面倒をみてくれたPHPエディターズ・グループの田畑博文さんに感謝いたします。読者のみなさま、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

竹内薫
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:841文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次